マインドフルネスで自己否定を超える

マインドフルネスは、キラーストレス低減方法として好評です。しかしマインドフルネスの目的に到達するプロセスでしかありません。本当に気づいているとき、心が鋭敏だと物事に即座に対応できます。神経系は弾力性があり智慧が表れます。無駄なく素早く混乱を最小限に抑えて対処できます。

自律型マネジメントへ転換する4つの準備

自律型マネジメントへの転換する4つの準備が必要です。①マニュアルのない仕事の仕方、②当人の能力に関係なく、新しい価値観、働きがいが一般化している事実、③決まった基準がなく、暖昧化する一方の社会、④曖昧さに迅速な対応が求められている・・・これらに対応する準備の心構えとは。

自律型マネジメントへの転換方法

自律型マネジメントを生み出す価値観&クレド。価値観をどのようにして全社に落としこむか。その役割を担うのはクレド。しかしトップダウンでクレドは浸透するかというと答えはNO。自律型マネジメントへ突き進む、ストーリーのプロローグを公開します。

人を使うリーダーの基本は部下を本気で想うこと。

人を使う基本は部下を本気で想うことです。しかしうまく使おうとする人は本気で想うことを忘れてしまいます。絶対数はそちらが多いので、何かとうまくいかずバタバタして無為な時間が過ぎ去ります。本当なら顧客と従業員に使える時間だったのに使えず楽しくなくなります。

本能と潜在意識を引き出し、価値観で人を動かしてチームを育てる

本能と潜在意識は使うほどバージョンアップしていきます。使わない習慣が身についた人がいます。チームはいちばん強いところに引き上げられるのではなく、いちばん弱いところに引き下げられます。リーダーの本分は適切な価値観で人を動かすことにあります。

偶然の運を作り出す資質

ジョン・D・クランボルツ教授の発表した「計画された偶発性理論」から成功者に見られる共通した「行動指針」を意識してもできない人がたくさんいます。それは彼らの潜在意識に入り込んだ「愛着」と深く関係しています。「愛着」とは安全基地のことです。

行動指針と5つの心の関係性

スタンフォード大学クランボルツ教授が提唱したキャリアプランの行動心と、人本来の5つの心。一般社会では、ミスマッチは必ず起こります。そうでない人だけが成功するように思います。で、あるなら最初から結果が見えています。対策が必要です。

部下に対する「指示」と「配慮」のバランスが、個人面談で爆発する

トップの想いに共感して自律した仕事ができるまで10ステップがあります。階段を上る過程でトップの想いに触れ続けて感化されるわけではなく、自ら触発されて自律的になるのです。この重要性が理解できないリーダーが多いので仕事が複雑になってしまいます。