自己マスタリー

5つのディシプリン②自己マスタリー

自己マスタリーとは、自分自身が心底から望むビジョンや目的の実現に向かって、ひたすらに生きようとするプロセスを「自己マスタリー(Personal Mastery)」と呼びます。 ピーター・センゲ氏らが提唱する「学習する組織」を実現するために、相互依存の関係にある5つのディシプリンの1つです。
システム思考

5つのディシプリン①システム思考

システム思考は大局で考え、足元で行動を。高さと広さで、全体最適。なりたい自分がとるべき行動がとれないのは、「構造」に原因があります。行動は構造が作り出しているからです。つまり環境要因を変えるか、環境にあった行動に甘んじるか、判断はメンタルモデルがしますが、メンタルモデルが歪んでいると将棋倒し的に歪みます。
チームワーク

仏教哲学で育むNQ指数=ネットワーク指数の時代

アベンジャーズ アッセンブル!胸を熱くされた方は少なくないでしょう。 時代は自利利他、利他自利。NQ指数。NQ指数は、ネットワーク指数。 自利利他・利他自利は感動のシェアリングです。 時代はますます仏教哲学を必要としています。 私た...
禅とマネジメント

禅とスティーブ・ジョブズ

「ハングリーであれ。愚かであれ(Stay hungry. Stay foolish.)」。 多くの人々の心を打った米国スタンフォード大学卒業式でのスティーブ・ジョブズのスピーチは、ジョブズが信奉した禅の精神を思わせるメッセージに満ちていま...
仕事する哲学

哲学のある働き方

仕事に哲学はありますか?哲学は羅針盤。アメリカでは哲学コンサルタントの導入が広がっています。といって諸問題にこれと言った解答が用意されている訳ではありません。クライアンtに問いを投げかけ、一緒に問題解決に取り組みます。大切なのは質問力。正しい問いを立てることで本質的な議論を展開して課題を解決します。
テレワーク

テレワークが育てるチームワークのできるオンリーワン8つの条件

こんにちは。人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日日本代表ゲンキポリタンあなたの願いを実らせるミノルさんです。 ビジネスリーダーに求められて...
哲学する会社

ノーベル化学賞候補と禅が教える「日本人は論理的でなくていい」

随所に主となれは臨済宗の開祖が修行者に対して諭された言葉。スティーブ・ジョブズの自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。に通じます。決して論理ではないけれど、それ以上の説得力を持って、すでに真実に気づいていることを発見しなさいと訴えます。すでに知っていることをまだ言葉で考えますかと問いかけます。
メンタル・モデル

メンタルモデルを変える5つの心とエゴグラム

メンタルモデルを変えるにはルーティンワーク、日常の癖になっている言葉の変更、態度の変更が欠かせません。しかし意識しないと癖を修正するのは誰にとっても難しいものです。 時がゆっくり流れる時に、落ち着いて癖を気づき、毎日、修正のトレーニン...
仕事する哲学

哲学する会社、7つのポイントをルーティンワークにする。

哲学する会社は、「問い」、「論理」、「理由」から問題解決を図ろうとします。『「問い」は無料でできる』ことはありません。勉強が必要です、勉強には時間もコストもかかります。哲学する会社は、哲学することをルーティンワークにすることで、哲学するほど時間もコストも下がります。これが競争力になります。
システム思考

システムを整える2種類のフィードバック・ループ

フィードバック・ループには2種類があります。「自己強化型フィードバックループ」と「バランス型フィードバックループ」です。それぞれ違いがあり、使い方で打ち手も効果も変わります。2種類のフィードバック・ループはシステムを整えます。
タイトルとURLをコピーしました