ホームオフィス一覧

健全な「ひとり会社」の作り方!優秀な自分の採用から。

仕事のゴエス(5S)は、整理・整頓・清掃・清潔・習慣です。お釈迦様は因果応報という教えで「原因=結果」を重視されました。因果とは、「原因=結果」の連鎖です。連鎖するほど、いちばん根幹にある原因が複雑になり、簡単だったことが複雑に絡まり、判らなくなります。ゴエス(5S)は、これを正すもので、健全な「ひとり会社」の作り方からはじめましょう!

100年時代を生き抜く「ひとり会社」の働き方改革「公私混同をしない」6つの鉄則

100年時代はライフシフトを余儀なくされます。雇用されない生き方を選ぶと、そのプロセスで自分をブランド化することは必至の期間になります。「ひとり会社(個人事業主)」が働き方改革する上で気をつけることは、ブランド化するためにも、会社に「投資」した範囲で事業展開することです。

100年時代の個人事業主の育て方と2つの進み方

100年時代の経営者・リーダーは業務の標準化と従業員の独立がメインテーマになります。経営者には自分しかできない仕事をしてもらいます。リーダーには業務の標準化、画一化をする。リーダーは従業員対策として独立させ、個人事業主に育てる。なにをロボット、AI化するのか決定していく。従業員には個人事業主として、どんな価値観で運営するか育むなどを教育、相互依存関係を構築します。

触発の仕方に「習慣の手順」を活用する

「いやなのに、工場へ行って働くから、お給金がもらえるんだ」これは真理のように聞こえますが、いい加減さにユーモアをふりかけた教育論です。でも、現実にはもっとユーモアがあります。報酬は、どんな形をしていても、よろこび、楽しみがあります。それを発見するのもリーダーの楽しみ。