自己マスタリー

システム思考

システム思考を使いこなすコツ=目玉おやじの七か条

人生は最高の精密なシステムかも知れません。それを生きる人間はもっとも精巧なシステムです。エンドレスにワンダフルな人生をいじくり回さずにシステムを丁寧に管理し、上手に運用する習慣をつけることが大切です。システム運用のプロ、目玉おやじの7カ条にシステム思考を使いこなすコツを学びます。
ゴエス

シングル、ダブル、トリプルループ学習にみる違いの出る違い。

すべての物事は原因=結果の連鎖なので、どんどん複雑化します。シングルループではA=Bですが、ダブルループではA=Fになり、トリプルループではA=Yになります。シングルループでは解決しないことがトリプルループでは解決する。これがシステム思考です。システム思考とはトリプルをシングルループにすることです。
システム思考

自己マスタリーを牽引する無邪気な子どもの心の育て方

自己マスタリーを牽引する無邪気な子どもの心であり、育むのは保護的な母親の心です。持続可能な自分を作れば持続可能な社会が育ちます。買い物袋が、ストローがシステム思考を育むのではありません。健全な競争力は「持続可能な自分づくり」をする組織に委ねられています。
ひとり会社

12の縦割り脳をシステム思考で突破する

菅内閣から「自助・共助・公助・絆の国づくり」という方針が打ち出されました。しかし巷には助けを求められない人が困っています。自分なんか価値はないという思いが強いほど、自分にも、人に助けを求めることができません。求めて断られたときの挫折感は、チャレンジして失敗するのと意味が違います。システム思考には縦割り脳で傷ついた心から救い出す力があります。
③清掃

「経営ビジョン」に参画しているから「共有ビジョン」がある

共有ビジョンが育たないと悩んでいませんか?その場合まず自身が「経営ビジョン」に参画しているかをチェックしてみてください。経営ビジョン」に参画しているようで、実は忙しさに追われて、実態はうわべだけだったということも少なくありません。
自己マスタリー

フリーランサー宮本武蔵に学ぶシステム思考と5つのディシプリン

持続する社会(組織)には学習が重要な力を発揮します。学習するチームの柱となるガイドランは3つ、それを支える規律が5つあります。そのひとつシステム思考は、持続可能な社会に欠かせない重要な思考法です。システム思考の基礎となる自己マスタリーの動機になっているビジョンを武蔵に学びます。なぜ武蔵はひとりで戦えたのか!
リーダーシップ

競争優位な体質を作る「共有ビジョン」

人はどうして知り得たのか、社会生活を営める程度に、ほとんどのことを知っています。 その知識は必ずしも正しいとは言い難いが、それでも暮らしていけます。 どのようにして学んだのでしょう?親が教えたから?先生から学んだから? 幼児に学び方を...
リーダーシップ

競争優位は自己マスタリー(5つの要因)で体質になる

レジ袋をエコバックに替える、ビニールのストローを紙ストローに替えて提供する・・・やっていることは同じでも、その裏側にある学習力で、圧倒的な競争優位力は磨かれます。それは将来像をどう描き、現状認識とギャップを知ることにかかっています。ギャップを埋める道筋を発見するのも自己マスタリー次第です。
SOHO

ニューノーマルな仕事術はアートのように美しい

ニューノーマルから生きがい、やりがいを見出すことは、パラダイムシフトを自ら積極的に受けいれて開拓者のように前進するなかで発見できます。 「こうあるべき」の思い込みは、「認知の歪み」としてサラッと流してしまいましょう。 “Fe...
④育てる

【会社を潰さないリーダーの仕事】⑧常に最悪を予測して準備する。

リーダーには2種類います。状態にこだわる人と方向性にこだわる人。幸せにも2種類にあります。一時的な幸せ、永続的な幸せ。人は認識しやすい一時的な幸せを求める傾向が強いようです。だから状態にこだわるリーダーの方が受けが良いようです。誤解が準備に誠実な人、誠実でない人の違いの原因になっているのではないでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました