【会社を潰さないリーダーの仕事】③その目的、目標にはコアバリューがあること。

コアバリューは企業経営の判断基準になります。コアバリュー経営ですね。人生は選択の連続といいます。会社経営でも同じです。リーダーは選択の連続ですが、コアバリュー(道義)があれば選択の基準になるので楽です。選択の基準があると、一貫性があり、主体的になれます。

【会社を潰さないリーダーの仕事】②目的を達成すると、どうなるかを全員に認識させること。

触発が、触発になるには、「目的」を理解し「できる」可能性を少しでも高くすることです。触発を試みても目的が分からず達成の可能性が低いとモチベーションにはなりません。しかし簡単であれば、わざわざ触発する必要もありません。点と点を結んで「分かち合う」よろこびにリードするのが、リーダーシップであり、リーダーシップは「育成(トレーニング)」という裏付けがあってシップになります。

成果に大きな違いが出る一志不退のコアバリューと14のリーダーシップ

成果に大きな違いが出る違いは、たったひとつのコアバリューに違いがあります。たったひとつのコアバリューに違いがあれば、14のリーダーシップにも違いが出ます。14のリーダーシップの違いを見ながら、これだけ違えば、成果に違いが出るのは当然。その違いは次のステージの違いになります。ライフシフトしていくのは、雪だるまのように転がり続けるようなもの。たったひとつのコアバリューが、とてつもなく大きな違いが成果になります。

成長する価値観を組織に浸透させる10の方法

親から継承した会社を継ぐものがいない、業績も低迷している。なにが問題。成長させるエネルギーに溢れたマインドは、「子どもの心」です。子どもの心には、2つあり、「無邪気な子ども心」と「従順な子どもの心」では、考え方も行動も真逆です。このサイトでは会社内に「無邪気な子ども心」を育てる方法をコーチします。

100年時代の個人事業主の育て方と2つの進み方

100年時代の経営者・リーダーは業務の標準化と従業員の独立がメインテーマになります。経営者には自分しかできない仕事をしてもらいます。リーダーには業務の標準化、画一化をする。リーダーは従業員対策として独立させ、個人事業主に育てる。なにをロボット、AI化するのか決定していく。従業員には個人事業主として、どんな価値観で運営するか育むなどを教育、相互依存関係を構築します。

面壁九年(めんぺきくねん)得意分野で成長する

面壁九年(めんぺきくねん)は、「ティッピング・ポイント」に通じるスタイルです。コツコツ努力しても、すぐに望むような結果は出ません。しかしコツコツを続けていると、急に成長するときを迎えます。「ティッピング・ポイント」です。この記事はこんな方におすすめです。▶︎コツコツが苦手な方▶︎いつも愚痴や怒っている人▶︎いわゆる煩悩に苛まれている人▶︎WIN-WINが苦手な人▶︎感情的な人