ひとり会社が2000万円貯めるNISAの基礎知識

ホームオフィスを運営する一人会社の社長が稼いだお金を、いまからコツコツ貯金をしていても、0.01%という低金利では、一向にお金は増えません。そこでおすすめするのが、『つみたてNISA』を利用した、長期の積立投資です。節税効果が高い「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」組み合わせて使うと、話題になった老後資金2000万円の不足もカバーできます。

健全な「ひとり会社」の作り方!優秀な自分の採用から。

仕事のゴエス(5S)は、整理・整頓・清掃・清潔・習慣です。お釈迦様は因果応報という教えで「原因=結果」を重視されました。因果とは、「原因=結果」の連鎖です。連鎖するほど、いちばん根幹にある原因が複雑になり、簡単だったことが複雑に絡まり、判らなくなります。ゴエス(5S)は、これを正すもので、健全な「ひとり会社」の作り方からはじめましょう!

働きがいのある会社にする10ステップと顧客満足を実現する6ステップ

本当は簡単な「働きがいのある会社にする10ステップと顧客満足を実現する6ステップ」に気づいていますか?そう思いながらブラックだと言われたりしていませんか。それはたったひとつのことから始まりますが、それをお話ししたら気が狂ったように怒って電話してきた社長がいました。(笑)お気の毒さまです。

「採用」でわかるあなたの会社の屋台骨の強靭度

「いい会社、いいお店は人が辞めないという」のは、定説ですよね。そのいい会社、いいお店とは、なにがいいのでしょう。いいところは、いろいろありますが、長く働き続けたいと思う職場には決定的な共通点があり、シンプルながら、「経営の根幹」にも通じています。つまり「屋台骨」です。屋台骨がしっかりした会社は、ノウハウが蓄積されていきます。つまり人で言うなら背骨です。

100年時代を生き抜く「ひとり会社」の働き方改革「公私混同をしない」6つの鉄則

100年時代はライフシフトを余儀なくされます。雇用されない生き方を選ぶと、そのプロセスで自分をブランド化することは必至の期間になります。「ひとり会社(個人事業主)」が働き方改革する上で気をつけることは、ブランド化するためにも、会社に「投資」した範囲で事業展開することです。

【会社を潰さないリーダーの仕事】④目標は北十字星の如きであること。

目的・目標がスローガンになってしまう会社は、リーダーがリーダーシップを発揮していないということに他なりません。人が使えない理由は、人を大切に思っていないからです。育てる意識より、トラブルがないように、リーダーが人を避けて通るからです。人が使えない理由は、「その職場が誰のために、なにをしているのか、どうあるべきなのか」を明確にしないからです。明確にしない方が都合が良い場合があります。しかしそれは苦手なことをしていないからです。苦手も得意もありません。目的・目標を達成するために必要なことは全部しなければ、組織の機能は使えません。苦手な場合はどんなリーダーでもできる克服方法があります。

【会社を潰さないリーダーの仕事】③その目的、目標にはコアバリューがあること。

コアバリューは企業経営の判断基準になります。コアバリュー経営ですね。人生は選択の連続といいます。会社経営でも同じです。リーダーは選択の連続ですが、コアバリュー(道義)があれば選択の基準になるので楽です。選択の基準があると、一貫性があり、主体的になれます。