システム思考

システム思考

離婚妻の児童虐待死を解決する|チーム学習3本柱と5つのディシプリン

自己マスタリーを整えるには。行動パターンを目標に合わせる必要があります。行動パターンを変えるには、構造(システム)を変える以外にありません。 慣れ親しんだ習慣を変えるのは簡単ではありませんが、慣れ親しんだ目標を予測できない目標を意識することが早道です。
システム思考

システム思考のアプローチ|氷山モデル

「氷山モデル」は、できごとの奥に潜む因果律を視覚化したもの。リアル氷山と同じく水面(見える範囲)には「できごと」があり、その水面下には「行動パターン」、さらに巨大な「構造」、その下には「メンタル・モデル」があります。メンタル・モデルは個々の人のものですが、組織を巻き込みます。メンタル・モデルの因果律については細心の注意が必要です。
システム思考

5つのディシプリン①システム思考

システム思考は大局で考え、足元で行動を。高さと広さで、全体最適。なりたい自分がとるべき行動がとれないのは、「構造」に原因があります。行動は構造が作り出しているからです。つまり環境要因を変えるか、環境にあった行動に甘んじるか、判断はメンタルモデルがしますが、メンタルモデルが歪んでいると将棋倒し的に歪みます。
システム思考

システムを整える2種類のフィードバック・ループ

フィードバック・ループには2種類があります。「自己強化型フィードバックループ」と「バランス型フィードバックループ」です。それぞれ違いがあり、使い方で打ち手も効果も変わります。2種類のフィードバック・ループはシステムを整えます。
システム思考

「ブッダのように私は死んだ」と言う前にブッダに教わるシステム思考

イビツでグロテスクな都市型生活を嘆き、警鐘を鳴らす・・・桑田佳祐さんが坂本冬美さんに提供した「ブッダのように私は死んだ」を通して、ブッダの教えを学びます。現象だけで見るのではなく、奥底にある意識・無意識の境界を超えて、構造そのものに真実を探す。システム思考の本分です
システム思考

政治も経済も10のメンタルモデル次第。システム思考ってなんだ!

システムを機能させるにはベクトルを整える必要があります。ベクトルとは方向性。人間は37兆の細胞ネットワークで成り立つシステムと言われます。人間は、どのようにベクトルを合わせているのでしょう。意識していなくても「生きる」というベクトルで整えようとしています。大自然に逆らう行為である自殺は悪とされます。
システム思考

人を信じるシステム思考の17の基本戦略とプラスワン

人を信じるシステム思考の17の基本戦略はどれも当たり前のことですが、できている組織は少ないのが現実。その筆頭が国です。ひとり会社は無手勝流というわけにはいきませんので、17の基本戦略は同じです。システム思考を突き詰めると、曼荼羅・「自灯明、法灯明」に行き着きます。
システム思考

システム思考を使いこなすコツ=目玉おやじの七か条

人生は最高の精密なシステムかも知れません。それを生きる人間はもっとも精巧なシステムです。エンドレスにワンダフルな人生をいじくり回さずにシステムを丁寧に管理し、上手に運用する習慣をつけることが大切です。システム運用のプロ、目玉おやじの7カ条にシステム思考を使いこなすコツを学びます。
システム思考

5つのライフスキルと幸せの7か条でシステム思考する

知識でわからないことが理解できると、自信になります。ルーティンワークにすることで、なにがどのように変わったのか、なぜそうなったのかをイメージでつかむようにします。非科学的に、イメージでつかめるようになることで、ライフスキルがアップしたように感じます。モチベーションとなって、システム思考が動き出します。
ゴエス

托鉢に学ぶ。マインドフルネスで知るチーム学習の真髄

大切なのは母の胎内にいるように「あるがまま」であること。一切の評価をしない。「執着しない」のがシステム思考の出発点かつ終着点、円相。執着しないでものごとが達成できるのか?と疑問が湧きます。托鉢で得た米を分別しない(=執着しない)から美味しいご飯が炊けるとしたら、工夫が残ります。工夫こそシステム思考。
タイトルとURLをコピーしました