コアバリュー

リーダーシップ不足で悩まない!リーダーシップはテコの力で解決する

リーダーシップに悩む人にはすでにリーダーシップがある証拠です。メンタルモデルの違いが「働き方の違い」になり「成果の違い」になります。しかしメンタルモデルは人固有のものなので、全然違う人同士の場合、外国人と会話しているようなもので共感もできないのです。そこで「共有ビジョン」をテコにします。
USP

ひとり勝ちする”USP”3つの約束と5つのガイドライン

USPとは、商品やサービスが持っている強みを提供者のあり方と、独自の努力で唯一無二の最強レベルに引き上げるマーケティング用語です。お客様の問題解決をして、競合他社皆無の市場に塗り替える方法です。成功の本質は「人を活かす経営」で、USP3つの約束事と5つのガイドラインは、人と人が向かい合い浮き彫りになったものです。
システム思考

テコ② 心理的安全性の作り方

自分に何か悩み事があり、そのことばかり考えている時は、他の人にまで意識がいきません。リーダーは特にそうですね。「心理的安全性」職場は、リーダーと相互依存の関係にあるので、まずリーダーがありもままにマインドフルネスに働けることが重要。マインドフルネスはリーダーの心配や悩みも解決する扉なのです。
システム思考

テコ②マインドフルネスに「心理的安全性」というテコを使いこなす

リーダーは孤独です。それでも、「心理的安全性」を網羅する仕事はリーダー冥利に尽きるだけでなく、共感を実感することができます。但し勘違いせずにひたむきに邁進すればです。ひたむきに邁進するとは、組織や仲間に与えられた任務を達成することです。
システム思考

離婚妻の児童虐待死を解決する|チーム学習3本柱と5つのディシプリン

自己マスタリーを整えるには。行動パターンを目標に合わせる必要があります。行動パターンを変えるには、構造(システム)を変える以外にありません。 慣れ親しんだ習慣を変えるのは簡単ではありませんが、慣れ親しんだ目標を予測できない目標を意識することが早道です。
システム思考

システム思考のアプローチ|氷山モデル

「氷山モデル」は、できごとの奥に潜む因果律を視覚化したもの。リアル氷山と同じく水面(見える範囲)には「できごと」があり、その水面下には「行動パターン」、さらに巨大な「構造」、その下には「メンタル・モデル」があります。メンタル・モデルは個々の人のものですが、組織を巻き込みます。メンタル・モデルの因果律については細心の注意が必要です。
チーム学習

5つのディシプリン|チーム学習のやり方

チーム学習は、自己防衛のパターンに気付き、創造的に表出させることで、仕事上のさまざまを学習を加速させられます。人は潜在意識にあるネガティブなメンタルモデルによって自己防衛しています。個人的な自己防衛によって自分を追い込み組織を巻き添えにします。チーム学習は組織がメンタルモデルを棚上げにできる風土が前提です。
チーム学習

5つのディシプリン⑤チーム学習

こんにちは、マインドフルネスなファイナンシャルプランナーのミノルです。 人生100年時代のライフプランニングは6つのプロセスでフォローします。 ①相談者様(お客様)との関係の構築 ②相談者様(お客様...
共有ビジョン

5つのディシプリン③共有ビジョン

組織に欠けていたのは、個人のビジョンを共通のビジョンに変容させる訓練です。共通ビジョンをつくるのに必要なものは、お義理ではなく心からの参加と献身を育む共通の「将来像」を掘り起こす技術です。経営者たちはこれを修得するなかで、どんなに善意であれ、ひとつのビジョンの押しつけは生産性を阻害することを学ぶ。
メンタル・モデル

5つのディシプリン④メンタル・モデル

メンタルモデルとは、自分が認知している前提で、ものごとを認知し、解釈しています。その上で何をどのように行動するか決断しています。意識・無意識の前提ですが、「メンタルモデル」と呼ぶ率雨はそれぞれの頭にある「モデル」つまり模型だからです。したがって頭の中にいるAさんという人は実在しないといえます。
タイトルとURLをコピーしました