成長する価値観を組織に浸透させる10の方法

親から継承した会社を継ぐものがいない、業績も低迷している。なにが問題。成長させるエネルギーに溢れたマインドは、「子どもの心」です。子どもの心には、2つあり、「無邪気な子ども心」と「従順な子どもの心」では、考え方も行動も真逆です。このサイトでは会社内に「無邪気な子ども心」を育てる方法をコーチします。

100年時代の個人事業主の育て方と2つの進み方

100年時代の経営者・リーダーは業務の標準化と従業員の独立がメインテーマになります。経営者には自分しかできない仕事をしてもらいます。リーダーには業務の標準化、画一化をする。リーダーは従業員対策として独立させ、個人事業主に育てる。なにをロボット、AI化するのか決定していく。従業員には個人事業主として、どんな価値観で運営するか育むなどを教育、相互依存関係を構築します。

面壁九年(めんぺきくねん)得意分野で成長する

面壁九年(めんぺきくねん)は、「ティッピング・ポイント」に通じるスタイルです。コツコツ努力しても、すぐに望むような結果は出ません。しかしコツコツを続けていると、急に成長するときを迎えます。「ティッピング・ポイント」です。この記事はこんな方におすすめです。▶︎コツコツが苦手な方▶︎いつも愚痴や怒っている人▶︎いわゆる煩悩に苛まれている人▶︎WIN-WINが苦手な人▶︎感情的な人

禅とマネジメント「無尽蔵」

「本来無一物、無一物中無尽蔵」・・・「本来無一物」は、「人間誰もが裸で生まれてくるので、生まれながらにして持っているものなど何もない」ということを言っています。執着しないすすめですが、一方で人に希望など初めからありませんが、人は希望が持てるのです。

擔枷帯鎖〜100年時代をライフシフトする簡単な真実!ティッピング・ポイント

擔枷帯鎖・・・・たんかたいさと読みます。枷や鎖によって、がんじがらめになってしまった様子を表す禅語。起業して3年以内にクローズする会社が圧倒的に多い事実をどう考えますか?どんなビジネスでもそうですが、たとえば10を100にする事は簡単ではありません。しかし、0を1にする方にする方が10を100にするより難しいのです。それがどんなビジネスにも共通する障壁です。その障壁を打ち破るのが「ティッピング・ポイント」です。

【禅とマネジメント】明珠在掌 /会議

自分の持っている宝に気づいていない人が多いようです。 どこにあるかって?・・・・その手の中にあります。自分の掌をみるようにする。 よそがあんなものだから、うちもこんなもの。「こんなものでしょう」と安易な妥協に代表されるように、幼い時からこういうものに慣れ親しんで育てば、自分の持っている宝に気づかなくなります。会議で決める習慣に潜む、誰も責任をとらなくてすむ仕組みを自ら打破し、自分が責任を引き受ける覚悟と行動力こそ自分を豊かにします。 会議の心は明珠在掌から始まるようにしたいものです。

人手不足を解消するもっとも簡単な方法

100年時代の人手不足が解消できるのか、もっとも簡単な方法、とそのコツについてお話しします。コアバリューを命のように大切にして実践しているか、どうかです。自社にとって強みはなにかを知り抜く以前に、強み作りにひたすら打ち込めば、コアバリューが強みになり真似ができなくなります。分かち合う姿が広く知られていることが告知になります。

下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する・・・

下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する・・・「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。人生100年時代では個人差が激しく天と地の差がでます。部下のひとり、ひとりがブランドになるように励まし育てるのがリーダーの責務です。