100年ライフ

100年ライフ

シングルは改善、ダブルは改革、改革を習慣にする3つのステップ

前例が通用するのは改善だからです。改革とは前例が通用しないレベルのこと、改革を習慣にするには、3つのステップだけ。①「目標」を現状の2~10倍に設定する(=前例が通用しないレベル)②「目標」に関するブレインストーミングをチームで行う③1と2で解決しないで障壁に突き当たった場合、対策を講じます。
100年ライフ

テレワーク鬱から持続可能な自分を取り戻す26のメソッド

テレワークうつが増加しています。その本質は「情報過多」による自分をマネジメントできない点。どんどん情報を収集してしまい、エンドレスに働いてしまう弊害です。世界になだたるIT後進国なのに、すでにコンピュータの奴隷になっている。映画「マトリックス」を地で行っています。持続可能な自分を取り戻す26のメソッド
100年ライフ

12の縦割り脳をシステム思考で突破する

菅内閣から「自助・共助・公助・絆の国づくり」という方針が打ち出されました。しかし巷には助けを求められない人が困っています。自分なんか価値はないという思いが強いほど、自分にも、人に助けを求めることができません。求めて断られたときの挫折感は、チャレンジして失敗するのと意味が違います。システム思考には縦割り脳で傷ついた心から救い出す力があります。
100年ライフ

「経営ビジョン」に参画しているから「共有ビジョン」がある

共有ビジョンが育たないと悩んでいませんか?その場合まず自身が「経営ビジョン」に参画しているかをチェックしてみてください。経営ビジョン」に参画しているようで、実は忙しさに追われて、実態はうわべだけだったということも少なくありません。
ひとり会社

「コロナで店が潰れそう」という悩みを解決する

コロナで曝け出した、脆弱なインフラ。企業の仕組み。これを取り戻すには。会社が発展することです。発展するためには、生産性を大幅にアップしなければなりません。つまり改革です。そのキーワードが全身の細胞を人の役にたたせるために使うことです。改革ポイントはたくさんあります。
ひとり会社

リモートワーカーの暮らしに役立つシンプルな15の重要なこと

ダラダラした暮らしと一線を画すために、人生をルーチン化すること。周活(一日)、週活(週間)、終活(生涯)、ニューノーマルの基本は一日のルーチンです。自分が自分であるために、規範(=ルール)を大切にする。つまり自律とは、100年時代を生きる自分の存在証明に他なりません。
ひとり会社

リモートワーカー食べ物5つの約束と20の画像

ニューノーマルを具体的にいえば「制限する」ことに尽きます。モノを含めて必要のない情報を制限することが快適な暮らしの基本になります。長い100年ライフを楽しくするには、無駄を制限してライフプランをしっかり策定、実践する時間を有効的に使いましよう。
ひとり会社

ひとり会社が、今年を最良の年にするために、今日選ぶ5つのこと

人生を豊かにするために重要なこと(=シンプル)を選びましょう たった5つです。 ①この一年で結果を出したいこと選ぶ ②本質を選ぶ ③今日できる本質的なことを選ぶ ④キャリアに有効なことを選ぶ ⑤長期にインパクトのあることを選ぶ
ひとり会社

ひとり会社のニューノーマルな10の重要キーワード

ニューノーマルの実践が求められる時代に、自律性を生かして、ビジネスの知恵(智慧)を発揮するひとり会社のニューノーマルをご紹介します。全部で10項目、どれも成功のキーワードとなる重要な基本です。
ニューノーマル

ニューノーマルの道標:スティーブ・ジョブズ 魂の言葉ベスト10

ニューノーマルの道標となるスティーブ・ジョブズの名言を集めました。ニューノーマルにふさわしい価値観がビジネスの成功要因になります。外的な成功やお金儲けが悪いわけではなく、より重要なことがあるとスティーブ・ジョブズは説きます。それこそがマジックを生み出す秘訣だと話しているようです。
タイトルとURLをコピーしました