擔枷帯鎖(たんかたいさ)

お坊さん 禅とマネジメント
禅とマネジメント

擔枷帯鎖(たんかたいさ)

短歌

「擔枷帯鎖(たんかたいさ)」・・・・・
枷や鎖によって、がんじがらめになってしまった様子を表す禅語。
ありとあらゆる煩悩や妄想、そしてそれに伴う不安や苦痛によって縛り付けられ、自らを苦しみの淵に追いやる凡夫の姿を表している言葉です。

煩悩妄想に縛られた凡夫の姿を表していますが、客観的に見ることができない状態です。

物事が俯瞰できないと偏った考えでしか考えられないので、貧すれば鈍することになり、ますます混迷を深めてしまいます。
みなさんは、起業して3年以内にクローズする会社が圧倒的に多い事実をどう考えますか?
どんなビジネスでもそうですが、たとえば10を100にする事は簡単ではありません。

0を1にする方にする方が、10を100にするより難しいのです。

つまり100を1000にすることは簡単なのです。

それがどんなビジネスにも共通する障壁です。

0を1にするより、10を100にする方が簡単

 「擔枷帯鎖(たんかたいさ)」
0を1にするより、10を100にする方が簡単で、100を1000にすることはもっと簡単なのです。
この事実を誤認していると、とんでもない迷路に入り込みます。
だからくじけて意欲を失うというのは最悪の状態ということになります。

第一の理由

 

収入がない段階では、全て自分でやらなければならないので、本当にしなければならないことに集中できなくなります。
裏返せば、売り上げが増えるほど他人任せにすることで、それぞれが集中しやすくなるので成果があがるということです。
繰り返すことが増えるので単純化され技能もアップします。
この事実は、実がなる前に挫折してしまう人が多いということを表しています。
正しい方法を身に付ければ、誰にでも実をつけることはできます。
それには、0を1にするより、10を100にする方が簡単で、100を1000にすることはもっと簡単だという事実を素直に謙虚に受け入れることが重要なのです。

正しい方法で実行すれば、実をつけられる

全くの素人がゼロから始めて、半年後や1年後に100の収入を達成したという人も世の中には結構いますが、こういった人たちは特殊なケースなので、自分でも実現できると思わない方が良いでしょう。
正しい方法を身に付ければ、誰にでも実をつけることはできるという真実に目を向けます。
まず0を10にする地道すぎる努力をコツコツ続けることです。
成功するために最も重要な事が「継続」です
続けなければ成功は見えて来ません。
逆に続けていれば誰にでもチャンスがあるのがビジネスです。
キーワードは「正しい方法で実行すれば、誰にでも実をつけることはできる」ということです。

二つ目の理由

0を1にできないのに、10を100にする方が簡単というのは、重い冷蔵庫を一人で運んだり、
油がいっぱい入ったドラム缶を起こすことに似ています。コツを知っていれば力はいらないのです。
コツを知らない人は、全身の力を使いますが、コツを知っている人は指一本でも起こせます。
コツとは、正しいやり方を実行していることに他なりません。
つまり間違った質問をして正しい答えをしていると、正しい方法は永遠に見つからないのですが、答えを間違っていないので、間違いだと思わないのです。
そのため迷路に入り込んでしまい、さっぱりわからないということになります。
考えてみてください。
「本当は福岡に行きたいのに、札幌に行きたいけどどうしたら行ける?」と質問して、答えが正解である限り、永遠に福岡には行けません。

 

間違いがどこで起こっているかを知るヒントが業績なのです。
つまり正しい方法をとっていないと、業績は芳しくないのです。
ライフプラン

コメント

タイトルとURLをコピーしました