仕事のゴエス

システム思考

離婚妻の児童虐待死を解決する|チーム学習3本柱と5つのディシプリン

自己マスタリーを整えるには。行動パターンを目標に合わせる必要があります。行動パターンを変えるには、構造(システム)を変える以外にありません。 慣れ親しんだ習慣を変えるのは簡単ではありませんが、慣れ親しんだ目標を予測できない目標を意識することが早道です。
システム思考

システム思考のアプローチ|氷山モデル

「氷山モデル」は、できごとの奥に潜む因果律を視覚化したもの。リアル氷山と同じく水面(見える範囲)には「できごと」があり、その水面下には「行動パターン」、さらに巨大な「構造」、その下には「メンタル・モデル」があります。メンタル・モデルは個々の人のものですが、組織を巻き込みます。メンタル・モデルの因果律については細心の注意が必要です。
チーム学習

5つのディシプリン|チーム学習のやり方

チーム学習は、自己防衛のパターンに気付き、創造的に表出させることで、仕事上のさまざまを学習を加速させられます。人は潜在意識にあるネガティブなメンタルモデルによって自己防衛しています。個人的な自己防衛によって自分を追い込み組織を巻き添えにします。チーム学習は組織がメンタルモデルを棚上げにできる風土が前提です。
チーム学習

5つのディシプリン⑤チーム学習

こんにちは、マインドフルネスなファイナンシャルプランナーのミノルです。 人生100年時代のライフプランニングは6つのプロセスでフォローします。 ①相談者様(お客様)との関係の構築 ②相談者様(お客様...
共有ビジョン

5つのディシプリン③共有ビジョン

組織に欠けていたのは、個人のビジョンを共通のビジョンに変容させる訓練です。共通ビジョンをつくるのに必要なものは、お義理ではなく心からの参加と献身を育む共通の「将来像」を掘り起こす技術です。経営者たちはこれを修得するなかで、どんなに善意であれ、ひとつのビジョンの押しつけは生産性を阻害することを学ぶ。
メンタル・モデル

5つのディシプリン④メンタル・モデル

メンタルモデルとは、自分が認知している前提で、ものごとを認知し、解釈しています。その上で何をどのように行動するか決断しています。意識・無意識の前提ですが、「メンタルモデル」と呼ぶ率雨はそれぞれの頭にある「モデル」つまり模型だからです。したがって頭の中にいるAさんという人は実在しないといえます。
自己マスタリー

5つのディシプリン②自己マスタリー

自己マスタリーとは、自分自身が心底から望むビジョンや目的の実現に向かって、ひたすらに生きようとするプロセスを「自己マスタリー(Personal Mastery)」と呼びます。 ピーター・センゲ氏らが提唱する「学習する組織」を実現するために、相互依存の関係にある5つのディシプリンの1つです。
システム思考

5つのディシプリン①システム思考

システム思考は大局で考え、足元で行動を。高さと広さで、全体最適。なりたい自分がとるべき行動がとれないのは、「構造」に原因があります。行動は構造が作り出しているからです。つまり環境要因を変えるか、環境にあった行動に甘んじるか、判断はメンタルモデルがしますが、メンタルモデルが歪んでいると将棋倒し的に歪みます。
チームワーク

仏教哲学で育むNQ指数=ネットワーク指数の時代

アベンジャーズ アッセンブル!胸を熱くされた方は少なくないでしょう。 時代は自利利他、利他自利。NQ指数。NQ指数は、ネットワーク指数。 自利利他・利他自利は感動のシェアリングです。 時代はますます仏教哲学を必要としています。 私た...
禅とマネジメント

禅とスティーブ・ジョブズ

「ハングリーであれ。愚かであれ(Stay hungry. Stay foolish.)」。 多くの人々の心を打った米国スタンフォード大学卒業式でのスティーブ・ジョブズのスピーチは、ジョブズが信奉した禅の精神を思わせるメッセージに満ちていま...
タイトルとURLをコピーしました