非思量〜決めない決心をいますぐ放棄する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

禅とマネジメント

禅の言葉に「非思量(ひしりょう)」があります。

唐の禅僧薬山惟儼(いげん)が、座禅の際の心の在り方について問われた際に答えられたお言葉です。

「非思量」とは「無念無想。あらゆる雑念がなくなって心が澄み切っている状態」をいいます。思考を突き抜けた心の在り方、つまりあるがままの世界をただあるがままにありがたいと受け取るという言い方もできます。

非思量〜あるがままであればいいものを逃げて回って複雑にするので簡単なことが複雑になり、複雑になるほど悩み、また逃げ回る。

どうもない世界を混乱させているのは、あるがままから逃げるからなのです。

決めない決心をいますぐ放棄する

決心する

「会議、ミーティングする目的のひとつに「決める」があります。

見た目はそのように映っても、実際には『「決めない」ことを決める』を議論していることが少なくありません。

さらに会議で決めたといういい方で責任の所在を会議に持って行こうとする人がいます。

会議は場であり、ひとこともしゃべりません。

靴で踏みつけられて、口も手足も動かせないことをいいことに責任の所在を全部「会議」のせいにされたらたまったものではありません。

決めるとは、やり遂げることを決心する

決める

「決める」とは課題が何であれ「やり遂げることを決心する」に他なりません。

どんな場合でも目的はそこにあります。ですからやり遂げられた日から逆算してマイルストーンを決定しなければなりません。

当然マイルストーンにはその行程間の目標とやり方がなければいけません。

しかしそこまで決めることは難易度が高いので、大まかなPlanはリーダーの頭の中に漠然とあればOKです。

この大まかなPlanとは、経験上、人の心のノセていくPlanが一番大切だと思います。
ノリが悪いと結果も悪い。仕事は人間がしているものなので、「ノリ」が一番重要だと言えます。

つまり会議、ミーティングする目的は、

ときには、「なにもしないことをやり遂げるを決心する」場合もありますが、

「やり遂げることを決心する」ことにあります。

「快活なノリの良さを生み出す」
あるいは「マイルストーンを作成する」

にあります。


ワンピース レディース ワンピース 春 きれいめ レディース タイトワンピース ノースリーブ ニット ハイウエスト スリット入り レディース セクシー ミディアム丈 個性的 伸縮性 パーティードレス 6480円以上送料無料 デート 結婚式 YF9031202

きっとやれる!

禅とマネジメント

どんなプロジェクトでも、この3つが揃わないと失敗します。
「やれる!」という実感を体感することが決め手です。

「やれる!」という実感を得る機会を見いだせないまま、ダラダラ進行して失墜してしまうからです。その原因が決めないままダラダラ繰り返す会議、ミーティングというやっているように見えてしまう嘘があります。

決めないままダラダラ繰り返す理由は、参加者が「決めない決心」をしているからです。
「勇気の不足」と「やり方がわからない」からですが、やり方はやり始めないとわからないからです。

自分は勇気の不足という問題を解決するために、「日本一、ありがとうが多い会社」を作りましょう」と提案しました。

受け入れてもらえたのは、いいものの、返ってきた言葉は案の定「ありがとうをカウントしておくのは難しい」でした。

自分も提案する前にそう思いましたが、どうしてもやりたいので、カウントできる方法を考えました。

「ありがとう」と声をかける者が意識しておけばオッケーとひらめきました。

それならできるだろう、それさえできたら、「日本一、ありがとうが多い会社」は作れたのも同然だと思いました。

「自分は今日、これだけのありがとうを言ったけど、君は今日何回言われた?」と繰り返し聞くと、尋ねられた人も意識しだします。

ここまで説明すると、早速「ありがとう」が返ってきました。いい兆しです。
「ありがとう」と胸でつぶやきました。

こうして、意識が強まれば、仕掛けた側は「やれる!」と感じて、意欲的になれます。自然と広がります。

漠然としているがイメージは明確にできるので、マイルストーンごとの打ち手でぐんぐん押し上げることができます。

最初は本部の人だけだったことが、ステークホルダー全員を巻き込んで、最終的には全社的なコミュニケーションの質のレベルアップをやり遂げることができます。

巻き込んでPDCA


マネジメント

どうしてもやりたければ、やり方はひらめく。
仕掛けた側が「やれる!」と感じたら、意欲が湧く
意欲が湧けば結果が出る作戦を立てて実行するようになる
実行することで、どうしてもやり遂げたい思いが強くなり、

PDCAが動きだす
PDCAが動けばやり遂げられる。

PDCAの書物が少ないのは説明するようなものではないからです。
PDCAは動物の本能です。
それがあるから多くの動物が生き続けてこられたのです。

生き続けるためにPDCAをネガティブに使っている人がいます。

こういう人が存在するので会社は困るのですが、バカでも本能は壊れていないということでとりあえず安心しましょう。

しかし放置するわけにはいきません。

正常な状態にしてあげましょう。
そのキーワードが「信頼」で、具体的には「ありがとう」なのです。
ありがとうは信頼の使者です。

「非思量(ひしりょう)」

禅とマネジメント

人間の立場からする思考を突き抜けた心の在り方。
唐の禅僧薬山惟儼いげんが、座禅の際の心の在り方を問われて答えた言葉。

思いが無いから、思いはないのかと言えば、そんなことはありません。

私は脚のリハビリに通っているので、毎回、歩くことを意識します。

しかし世の中の健康な子どもたちは、走り回っています。

彼らは歩く、走るを意識することなく上手に走り回っています。

自分は術後、彼らの動きを「不思議だな」と眺めたものです。

思考を突き抜けた心の在り方・・・・とは、こういう在り方です。

思考を突き抜けることができない

パニック

倒産する会社は、会議、ミーティングが増えていきます。

売掛金を回収できない憂き目に数回会っているので、肌で実感していきます。

資料を見て、口ではやり遂げることを誓い合うのですが、実際には「変えられないことを決心」しているのです。

なぜでしょう?

どうしても思考を突き抜けることができません。

会議で「自分には無理だ、自分にはできない、自分は変われない」ことを決心しているだけなのです。

変わる気があるなら行動で示すしかありません。

JUST DO IT

やるしかない

行動で示すといってもやってるフリでは「変えられない決心」を実行しているだけなので、それなら寝てる方がマシなのです。

「やり遂げることを決心」をいますぐ行動する以外に方法はないのです。

ところが勇気が足りないので、「やり遂げることを決心」をいますぐ行動する能力を使えないのです。

正直になる大切さがここにあります。

自分に嘘をつかないようにするしか手がないのです。

ところが正直になった後の周囲の対応が怖いので、わかっていてもできないのです。
だれだってありのままの自分を受け入れてもらえたら楽です。望むところです。

やり遂げる決心を楽しむ


しかし「君の意見を自由に思うがままにいってごらんなさい」に乗ったために窓際に行った人は少なくありませんからね(笑)

昭和の甘い香りをたっぷり吸い込んだこういう人は相手にしないことです。

100年後を生きる私たちには、、ライフシフトという荒波が待っています。

やり遂げる楽しさを体験で、知っていなと、 ライフシフトできなくなってしまいます;。

「非思量(ひしりょう)」でライフシフト

「非思量(ひしりょう)」でライフシフト

「非思量(ひしりょう)」でライフシフトする

つまり「思量するに非ず」とはおもしろい表現ですが、まだわかってないものに、関心を集め続けるということができます。

考えていないのに、突然、何年も前に考えたけど、わからなかったことが、ひらめくことがありますね、

脳は二重構造になっていると思うことがありますが、顕在意識で考えている裏で、潜在意識が関心(情報)を集めているのです。

こんな場合、顕在意識以上に強い関心ごとが潜在意識にあるはずです。

理想は、顕在意識と潜在意識がひとつになっていることです。

まとめ

LINE !to1トーク
友だち追加
この記事をブックマークに追加する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする