ひとり会社のニューノーマルな10の重要キーワード

ニューノーマル ひとり会社

ニューノーマルには、ルールもありますが、もともとは適切な状況判断が「自律性」から行われることを期待したものです。なにより大事なのは手足を使っていきることです、

ウイルスと付き合って生きるには「自律性」が重要で、期待できないと命令になります。
ひとり会社、小さな会社にとって、ニューノーマルにはビジネスの知恵(智慧)がいっぱい。

最も大事なことを、単純な方法で実行

何かをするなら、重要なことをしましょう。


自分ひとりで、あるいは数人で、大都会である必要なんかない。
空気の良い地方で起動するのも素敵です。

伺世紀も続いた古いモデルを破壊するのは面白い。
相手にされないかもしれないが、自分の業界で、やってみるのが一番、手っ取り早い。

気をつけることは、ひとつ。
原理原則から逸脱していないかです。

人間の暮らしは、ずっと変わり続けてきたが、根本は同じです。

その上で、自分が使いたいものを、最も単純な方法で実行すればいいのです。

身体を通して理解する方法

身体を通して学ぶ

たとえば、メルカリはヤフオクを使い勝手よくしたものです。

だから「メルカリと同じことを考えていたんだ。やってれば億万長者だったのになあ」とは言わないことです。

それらしい言い草ですが、は痛々しい妄想でしかありません。
妄想を自慢話にしていたら、他人がやることには、どんどん否定するばかりになり、ますます現実から遠のいてしまいます。

実際にメルカリを始めるのと、メルカリを思いつくのでは、天と地ほどの開きがあります。。

実現にこじつけるには、スティーブ・ジョブスの話に謙虚に耳にを傾けるべきです。
すべての人の参考になります。

ニューノーマルの道標:スティーブ・ジョブズ 魂の言葉ベスト10
ニューノーマルの道標となるスティーブ・ジョブズの名言を集めました。ニューノーマルにふさわしい価値観がビジネスの成功要因になります。外的な成功やお金儲けが悪いわけではなく、より重要なことがあるとスティーブ・ジョブズは説きます。それこそがマジックを生み出す秘訣だと話しているようです。

しかも完全に最適なタイミングに出会うことはまずない。

彼らはみんな辛抱強く待ち続けたか、死に物狂いで間に合わせたか、そのどちらかです。
つまりもっとも大事なことは、どれだけの価値があるのかを知るために、やってみて、儲けてみることなのです。そうすることが筋トレになります。

すると、儲からないことが解るでしょう。

そこで興奮、関心、熱意、興味などビジネスに必要あなものが本物なのか、それとも言ってみただけのもか、身体を通して理解出来ます

ひとつでも多くの道理に学ぶ

自分はあるオープンに参加した。
市場調査では問題なく、反応はこの上なく上々だった。もう成功したのも同然でした。

しかし、とんでもないことが起こった。
全く違う結果になり焦った。改善するために手を尽くした。
何度やっても調査結果は反映されない。
データを全部破棄して自分を信じるしかなかった。

クライアントからは「なにをしているんだ」と攻撃されたが、無視し続けた。
その結果3ヶ月後から期待に叶う結果が出せるようになり、予測以上に成果を実現した。

道理こそ成功の母

イノベーションは特別なことではない

時には常識が全く通用しないことが起こるが、やってみて解ることなのです。
うまくいかないと諦めてしまうが、切羽詰まった状態ではそれもできないので、道は開けるしかないのです。


失敗は成功の母と過信してはいけない。

現実は失敗からなにも学べない場合が多く、少しでも多くの道理(=原理原則)を紐解くしかないのです。

それをしている理由があるか

イノベーションを起こそう

なぜそれをしているのかを常に念頭に置くことを習慣にしましょう。

無条件に儲かるなら必要ないでしょう。

しかし、なにかを始める時から優れた結果を手にすることはないので、「なぜ、これをしているのか」という理由がないと自信なんか簡単に吹き飛んでしまうし、自分はおかしいのかと疑ってしまいます。

頭の中の迷いが身体を通して理由になります。熱い理由は熱い視線の対象になります。

必要なのは援護してくれる言葉であり熱い視線です。

それが向けられるのは「理由」があるからです。

理由を書きましょう。同じ理由でいいので、書き続けましょう。

ノートブック

熱い想いへの共感が熱いファンを作る

Macintosh

たとえばMacintosh。

マイクロソフトがシェアを伸ばしていったとき、これよりもっと素敵なものが、ずっと前からこっちにあるとマックを推奨したのは、熱いファンでした。

同じことは世界企業となったスターバックスにも言えます。

両者に共通しているのは、熱いファンを作ったのは熱い想いを形にした結果です。

気骨はやる気から生まれない

気骨が生れる場所

信じているものが何かをわかっていなければ、すべてが議論の対象になってしまいます。
すべてに議論の余地があるというのは小さな会社には不可能に近いということです。

ひとり会社ですべてを議論の対象にしてしまうことはなにもできないということです。

一方、拠って立つ基準となるなにかがあれば、英断は明らかになります。
気骨はやる気から生まれるのではなく、「なにがしたいのか、」「なぜ、これをしているのか」から生まれます。

市場調査やデータだけからは、それが見えません。

小さい会社には、小さいからできることがあり、小さくないとできないことがあります。

まとめ

知恵とは、生きていく知恵のことですが、智慧は根源的な知恵のことです。
川を流れに浮かぶ泡は、一瞬のものもあれば、長い続くものもあります。
泡の底辺にある水は、見えなくても変わらず流れています。

智慧はいまここの現象ではなく、身につけたすべてを含む自分そのものです。
刹那的な知恵と違い、智慧は日常のあり方のすべてとして現れます。
(ここではヒントに理由を書き続けるノートとしてご紹介しました)

ひとり会社のニューノーマルなビジネスの知恵(智慧)

  1. 原理原則から逸脱しない
  2. 重要なことに絞り込む
  3. 自分が使いたいものを、最も単純な方法で実行する
  4. そのことに、どれだけの価値があるのかを身体で知る
  5. 少しでも多くの道理(=原理原則)を身体で気づく
  6. 自分を信じられる度合いは道理をマスターしている数に比例する
  7. 議論の対象を絞り込む
  8. 気骨は、「なにがしたいのか、」「なぜ、これをしているのか」から作られる
  9. 自分のすることの価値知るために、やってみて儲けるレッスンをする
  10. なぜそれをしているのか常に念頭に置くことを習慣にする(熱い想いの理由を毎日書き残す)

ここが重要です!

愛のノート
NISA or つみたてNISAを効果的にライフプランに役立てましょう。
ライフプラン

ブッダに学ぶシステム思考「諸行無常」
日本の仏教は葬式仏教なので、どうしても陰りがあります。なので「諸行無常」もネガティブな印象が強くなりがちです。「諸行無常」は事実なので、自分自身の理解で様変わりする性質のもです。いままで及第点が取れなかった。でも再度挑戦すれば今度はやれると挑戦する根拠を「諸行無常」に求めるのも真理なのです。

人生100年時代のマインドフルネス実践講座 

https://martone.jp/social/

マインドフルネス実践講座

スリープアスリート認定試験講座

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました