部下の数でリーダーの仕事は違う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーは忙しいです。
しかもいまの時代、リーダーに魅力を感じない人が増えています。
リーダーより、リーダーシップに関心がないという方がいいのかも知れません。
素敵な仕事を探ります。

リーダーの悩み

リーダーシップのイメージ

リーダ、つまり管理者や経営者にな年もたている人でさえ、
人を育てる」「人を動かす」「人を使う
部下をどう使たらいいのか?
「部下にもとやる気を出させるにはどうすればよいのか?」

悩み、自問自答しています

何年もリーダーを務めている人でさえそうなのですから、初めて理者になったり、数名で会社を立ち上げて社長になったりした人であれば、人使いで悩むのは当然といえます。

口にリーダーといても、その仕の内容はいろいろです

大企業のリーダーと中小企業のリーダーは違う

ギャップ

大企業の場合は、主な仕事は、判断業務であり、意思決定業務です

この場合リーダーは、部下の個人がしかるべき役割を正しく果たしているか、個々の生産性はどのような状態かを見ることになります

そしてそれらが十分でないようなら、システムを改変する、教育制度を見直すなどの手を打つことを考えます

そこではそれぞれの部下のパーソナリティはあまり重要ではありません

一方、中小企業では、規模が小さくなるほど、部下のパーソナリティが重要で、障害になってきます。本来必要でない時間が必要になるのが中小企業です。

そこに強みが隠れている場合もありますが、パーソナリティ次第になります。

部下が数十人、部下が数百人規模では違いますが、数百人規模の会社が、数十人規模の会社のようにパーソナリティに取り組むと成果がでます。大企業でも、中小企業以下のコミュニケーションを生命線のよう大切にしている会社があります。

初めてのリーダー

EQ

初めてリーダーといわれる立場になる場合、部下の数はせいぜい数人10人を超えることはまずありません.

小売サービス業なら、「時間帯リーダー」という形で部下をもたせて体験させます。そうして段階的に時間を拡大し、「時間ゾーンリーダー」を体験させ、「リーダーシップ」を身につけさえ、サブマネジャー、マネジャーへと昇格させていきます。

大企業、中小企業でも同じ苦労をするレベル

どうしたらいいのか悩むリーダー

昇格したリーダーのなかで、人使いに最も苦労しているのは、一定人数以下の部下を抱えているリーダーたちです

このレベルでは大企業、中小企業を問いません。

50人も100人も部下のいるリーダーであれば、当然、末端の部下と自分との聞に中間のリーダーがいます。

その中間のリーたちは、現場の最先端でチームを引っ張っている人たちですその現場のリーダーたちが一番、部下を活かすことに苦心しています。そのレベルになると、人材派遣、アルバイターを入れて50人がいっぱいいっぱいです。

本社あるいは管轄部署は、このときの人選で間違いを起こすことがあります
価値観が近い人と営業成績が高い人なら、どっちを選ぶかです。

リーダーとは何か

リーダーとはなにか

その答えを予め決めておくには、リーダーとは何か。

まず、その本質を定義しておかなければなりません。

この定義が暖昧であれば、人によてリーダーの捉え方が異なることになり、自分が何をしていいのかも判然としなくなります混迷を極めるか、速やかに障壁を越えていくか、実際に違いが出ます。

リーダーとは「経営者の思いを、部下を使って実現する人」と定義します。

であるなら、経営者の思いを噛み砕いて伝えることが最初の仕事になり、その後も日常の重要な業務になります。

経営者の思いは、100%1回で伝わることはない

伝わらない思い

100%1回で伝わることはありません。そうなると、同じことばかり言えないので、話を変えながら何度も同じ意味のことを伝えます。そうしているうちにリーダー自身が理解を深めます

まとめ

経営者の思いが伝わらないので、伝える努力をします。
すると、いままで見えなかったことが見えてきます。
磨きがかかり始まるんですね。

リーダーシップが磨かれるの、そこからではないでしょうか
リーダーとリーダーシップは別のものなのです。

だから価値観が大事なんです。

一流といわれる人は睡眠力が違います。まず熟睡です。

ベッド習慣

ベッド、マットレスのことならこちらがおすすめです。

日中のパフォーマンスを最強にするのは「睡眠」しかありません。
質の高い睡眠は、食や運動などいくつかの因果関係によって実現できます。

このベッド専門通販ショップ「ベッド習慣」は、いわゆるベッド屋さんとひと味違います。
それもそのはず、スリープアスリートさんの運営するショップです。

スリープアスリートだから、整理収納、介護予防のプロでもあるわけです、
ベッドだけでなく、健康と暮らしを総合的にプロデュースしているわけです。

ベッド、マットレスを通販で買うときは、
梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。

このショップは睡眠の情報がきめ細かく発信して、気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。
ベッドやマットレスの種類も豊富で探しやすい工夫があります。
ほとんどが送料無料なので価格も抑えることができます。

ベッド専門通販ショップ「ベッド習慣」の詳細はこちら

スリープアスリート認定試験講座睡眠は食欲・性欲・睡眠欲と言われるように人間の三大欲求のひとつです。しかし最も関心の低い扱いをされてきました。睡眠障害、睡眠負債が健康を害しています。運動には関心が高くなりましたが、同じように「攻めの睡眠」が必要です。
いきいきゴエス協会では、ひとりでも多くの人に、良い習慣を身につけていただくために、「スリープアスリート認定制度」を導入しました。

LINE !to1トーク
友だち追加
この記事をブックマークに追加する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする