壷中日月長 / 30代までにマスターしたいビジネススキル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

禅とマネジメント

壷中日月長

こちゅうじつげつながし・・・・1つのことに集中して密度の濃い時間を過ごしていたら、
本人は大して時が経っていないと思っていたのに世間では随分と長い時が流れていた…

没頭していたらよくあることですね。
人生107年時代は、世の中が変わってしまうので、浦島太郎になる可能性があります。

時たま、没頭を解いて、リセットする必要がありそうですが、壷中日月長、深い言葉ですね。

壷中日月長

禅の言葉「壷中日月長」・・・「こちゅうじつげつながし」と読みます。

心の使い方で狭くも広くもなるのが自分。心が楽しむと、壷の中は広く時間は悠久になり、無限に精神を遊ばせることが出来るという意味です。

自分を成長させる楽しむのは自分の在り方次第ですね。

人生107年時代の「壷中日月長」

人生107年時代、
30代までにマスターする目標をもてば40代も変わる。
もう、それだけで長生きしたい気分になるでしょう。

しかし人生107年時代では、さらに60代までにあたらにマスターする目標が必要です。
そのスキルになるのが30代までにマスターする目標をもってやり遂げた経験です。
その経験は背中を押すでしょう。

遠くまで行ける楽しみはやってみたものでないと分らない極上の楽しみです。
遠くまで行ける能力は20歳代の過ごし方で決まると言っても過言ではありません。

フリーターでなく、正式に勤務しようとすれば、20 歳代をどこで何をして過ごしたか、修業したかが、一生の間、マークされつづけます。
学校生活を終えた後に、現時点における本人のビジネス能力を判定する 重要ななバロメーターにされるからです。

ビジネス能力の基礎的な要素を、次の6項目としています。

• 適性
• 教養
• 知識
• 仕事の種類と作業のマスター
• リーダーシップ
• 意欲

このスキルは生涯ついて回ります。
60代の再挑戦にも必要になります。

(1)適正

適性とは自分の能力を高めやすい分野、その逆に能力を発揮しにくい分野があり、 その区別のことで、優劣ではありません。

通常、適正は一生変わらないので、適性を無視すると能力向上は鈍化します。

これは自分で発見できますが、発見できないことも少なくありません。

会社勤めをすると、人事などが過去の経験や独自の判断で決定してしまいます。

そのときのためにも発見しておいてアプローチできるのが望ましい。

成長が遅れている場合は、適正としていることが、 ミスマッチしている可能性のあることを考えてください。

(2)教養

教養とは、未知の分野に挑戦できる基礎的な理解力のことです。
「語彙力」ではありません。日本では「語彙力」が高いと教養があると勘違いされる傾向にありますが、未知の分野に挑戦できる基礎的な理解力のことです。

教養がないというのは、当人が難問を避けたがるとき、 あるいはそのことに臆病な気配を当人が示す状態のことです。

長らく赤字が続くような会社には、教養のなさが、あらゆる場面で露出しています。

「教養」は「あなたでなければダメだ」と言われるような代替不可能な救世主になるために、ぜひ身につけておきたいスキルですね。

(3)知識

技術力の基礎となるものです。
学校生活での知識は、この前提になります。
技術知識は生涯かけて学びつづけます。

知識があるとは、知っていることではなく、予め約束されたルール通りに実行できて、問題発生時には、採用される改善策をただちに出せる状態のことです。

予め約束されたルール通りに実行できるために、読み書き、聞き取りできることが条件になります。

(4)リーダーシップ

リーダーシップとは、統率力とか指導力ではなく、部下はもとより、同僚、先輩、上司からも敬服される状態のことです。

管理者になってからリーダーシップが期待されるのではなくて、管理者になる前から、敬服されるようになるために、継続的な心がけが必要です。
自分の外側の評価、地位、専門知識、経歴などに頼るのではなく、自分の内なる力、ライフスキルを身につけてください。ライフスキルはこちら

(5)意欲

意欲とは積極さ、徹底するスキルです。意欲は、先にあげた「教養」「リーダーシップ」と共に、 経験が乏しくても発揮できるスキルです。
しかも、一生涯持続可能なことであり、持続しなければならないことです。

最初から最後まで差別化可能なスキルです。日々の違いがものを言います。
自分を否定することなく積極的に発揮するようにしたいスキルです。

以上の5要素を生涯かけて磨き、さらに60代にはパワーアップします。

自分を育てながら社会に貢献していくことで生きがいに発展します。

自分探しと言いますが、自分とは遠いところにいるわけでなく、 自分の内にある力を引き出し表現していく、そのプロセスそのものが自分そのものと言えます。

それはライフスキル、そのものです。

まとめ

「壷中日月長」・・・「こちゅうじつげつながし」と読みます。

心の使い方で狭くも広くもなるのが自分。心が楽しむと、壷の中は広く時間は悠久になり、無限に精神を遊ばせることが出来るという意味。際限なく成長する自分を楽しむ人にとって人生107年時代はエキサイティングですね。

一流といわれる人は睡眠力が違います。

ベッド習慣

ベッド、マットレスのことならこちらがおすすめです。

日中のパフォーマンスを最強にするのは「睡眠」しかありません。
質の高い睡眠は、食や運動などいくつかの因果関係によって実現できます。

このベッド専門通販ショップ「ベッド習慣」は、いわゆるベッド屋さんとひと味違います。
それもそのはず、スリープアスリートさんの運営するショップです。

スリープアスリートだから、整理収納、介護予防のプロでもあるわけです、
ベッドだけでなく、健康と暮らしを総合的にプロデュースしているわけです。

ベッド、マットレスを通販で買うときは、
梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。

このショップは睡眠の情報がきめ細かく発信して、気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。
ベッドやマットレスの種類も豊富で探しやすい工夫があります。
ほとんどが送料無料なので価格も抑えることができます。

ベッド専門通販ショップ「ベッド習慣」の詳細はこちら

スリープアスリート認定試験講座睡眠は食欲・性欲・睡眠欲と言われるように人間の三大欲求のひとつです。しかし最も関心の低い扱いをされてきました。睡眠障害、睡眠負債が健康を害しています。運動には関心が高くなりましたが、同じように「攻めの睡眠」が必要です。
いきいきゴエス協会では、ひとりでも多くの人に、良い習慣を身につけていただくために、「スリープアスリート認定制度」を導入しました。

LINE !to1トーク
友だち追加
この記事をブックマークに追加する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする