触発の仕方に「習慣の手順」を活用する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

センスメイキング

部下を触発してやる気にさせたいけど、どうして良いか、いまひとつ分からない。

・・・・そんな悩みはありませんか?

部下もいろんな人がいます。

100人いれば100の人生があり、その背景には100の生育環境があります。

それらすべてに対応するのは心理学の権威でも至難の技です。

ただ、人間の身体が精巧にできているように、人の脳と心も精巧にできています。

つまり、みんな同じだけど、少しばかり「特性」がある。

不安、恐怖の感じ方が人によって特性はあるけれど、
楽しいこと、うれしいことは、みんな好き。

つまり不安、恐怖の感じ方には、個別の注意深さが必要だけど、
楽しいこと、うれしいことは、ダイナミックにどんどん盛り上げましょう。

自分のリーダーになる

他人のリーダーの前に自分のリーダーになる

面接を受けたとして「自分は不幸だ」とネガティブな状態にあれば、ストレスや恐怖に押し潰されます。なので合格することはないでしょう。

商談でも同じことがいえます。

自分自身はポスト、ポジションに関係なく、他人のリーダーになる以前に、自分のリーダーである必要があります。

他人を触発するなら、まず自分を触発するスキルを身につける必要があります。

スキルを身につける手順は簡単。習慣の法則を使うのはどうでしょう。

習慣の手順

習慣には法則がある

習慣の法則は

  • きっかけ
  • ルーティン
  • 報酬

きっかけは習慣を呼び起こす最初の一歩で、ルーティンは習慣そのもので報酬をもたらします。

「きっかけ」にさえにうまく乗れたら良いのです。

このメカニズムは、「自分を引き寄せる仕組み」です。
自分の願い、達成した思いなどです。なかなか引き寄せらrないので、みんな悶々としています。

「触発される」チャンスを望んでいるのも、きっかけが欲しいのです。

きっかけは、スイッチを入れる

スイッチを入れる

きっかけとは、スイッチを入れること。

たとえば

  • 食事のとき、最初のひとくち。
  • シャワーを浴びたとき、温かいお湯が身体に触れた瞬間。
  • 歩き出したときの最初の一歩。
  • 愛する人の顔を見た瞬間。

五感から気持ちよい何かを体感できるスキル

・・・それがスイッチを見つけるスキル。

・・・体感できることはスイッチをオンにできるスキル。

なんでもないことだけど、できている?

簡単なことだけど、最初は意識しないとできません。

意識ができたら、小さな習慣を増やしていく。

どんな習慣も一定の回数に到達すると、ルーティンになります。

気づきが起こりスイッチが入りルーティンになります。

ルーティンは自動運転。

気づき、寄り添う

気づくことは寄り添うこと

気づきとは、知ったことにケアが加わること。

寄気づきとは、寄り添うこと。

寄り添うとは、責任を持つこと。
寄り添ってもらった側は、勇気や励ましを贈られる、

顧客に寄り添う、従業員に寄り添う。
寄り添うとは感情に責任を持つことであって、リーダーシップを発揮することです。

顧客の幸せ、従業員の幸せ、よろこび、楽しみに寄り添い、責任を持つ。

責任を持つって、言うと重いけど、寄り添い、「よかったね」と言えるようにすること。

寄り添ってもらう側の自律性を重んじる。
自分は縁の下の力持ち、黒子、だから触発できます。

相手あっての触発だから、決まったルールはありません。
よろこび、楽しみを触発に見出していくのです。

まとめ

いやなのに、我慢して、学校に行って、本を読むから勉強になるんだ・

いやなのに、工場へ行って働くから、お給金がもらえるんだ

これは真理のように聞こえますが、いい加減さにユーモアをふりかけた教育論です。

でも、現実にはもっとユーモアがあります。

報酬は、どんな形をしていても、よろこび、楽しみがあります。

それをどれだけ発見するかも、リーダーシップの楽しみですよね。

LINE !to1トーク
友だち追加
この記事をブックマークに追加する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする