チームワーク一覧

【会社を潰さないリーダーの仕事】④目標は北十字星の如きであること。

目的・目標がスローガンになってしまう会社は、リーダーがリーダーシップを発揮していないということに他なりません。人が使えない理由は、人を大切に思っていないからです。育てる意識より、トラブルがないように、リーダーが人を避けて通るからです。人が使えない理由は、「その職場が誰のために、なにをしているのか、どうあるべきなのか」を明確にしないからです。明確にしない方が都合が良い場合があります。しかしそれは苦手なことをしていないからです。苦手も得意もありません。目的・目標を達成するために必要なことは全部しなければ、組織の機能は使えません。苦手な場合はどんなリーダーでもできる克服方法があります。

成長する価値観を組織に浸透させる10の方法

親から継承した会社を継ぐものがいない、業績も低迷している。なにが問題。成長させるエネルギーに溢れたマインドは、「子どもの心」です。子どもの心には、2つあり、「無邪気な子ども心」と「従順な子どもの心」では、考え方も行動も真逆です。このサイトでは会社内に「無邪気な子ども心」を育てる方法をコーチします。

本能と潜在意識を引き出し、価値観で人を動かしてチームを育てる

本能と潜在意識は使うほどバージョンアップしていきます。使わない習慣が身についた人がいます。チームはいちばん強いところに引き上げられるのではなく、いちばん弱いところに引き下げられます。リーダーの本分は適切な価値観で人を動かすことにあります。