システム思考

システムを整える2種類のフィードバック・ループ

フィードバック・ループには2種類があります。「自己強化型フィードバックループ」と「バランス型フィードバックループ」です。それぞれ違いがあり、使い方で打ち手も効果も変わります。2種類のフィードバック・ループはシステムを整えます。
100年ライフ

システム思考と4つの無形資産でお金を増やす5つのステップ

100年ライフは自分を自由にアートできる時代。ただし100年生きるにはお金がかかります。そんなに生きなくて良いと思っても生きてしまうことになるのが、100年ライフです。仕方ないのなら、自分を自由にアートすることを前提にやり抜くことを前提とした生き方の準備をする、それがゲンキポリタンの「ジョ部」。
100年ライフ

「ブッダのように私は死んだ」と言う前にブッダに教わるシステム思考

イビツでグロテスクな都市型生活を嘆き、警鐘を鳴らす・・・桑田佳祐さんが坂本冬美さんに提供した「ブッダのように私は死んだ」を通して、ブッダの教えを学びます。現象だけで見るのではなく、奥底にある意識・無意識の境界を超えて、構造そのものに真実を探す。システム思考の本分です
システム思考

政治も経済も10のメンタルモデル次第。システム思考ってなんだ!

システムを機能させるにはベクトルを整える必要があります。ベクトルとは方向性。人間は37兆の細胞ネットワークで成り立つシステムと言われます。人間は、どのようにベクトルを合わせているのでしょう。意識していなくても「生きる」というベクトルで整えようとしています。大自然に逆らう行為である自殺は悪とされます。
システム思考

人を信じるシステム思考の17の基本戦略とプラスワン

人を信じるシステム思考の17の基本戦略はどれも当たり前のことですが、できている組織は少ないのが現実。その筆頭が国です。ひとり会社は無手勝流というわけにはいきませんので、17の基本戦略は同じです。システム思考を突き詰めると、曼荼羅・「自灯明、法灯明」に行き着きます。
システム思考

システム思考を使いこなすコツ=目玉おやじの七か条

人生は最高の精密なシステムかも知れません。それを生きる人間はもっとも精巧なシステムです。エンドレスにワンダフルな人生をいじくり回さずにシステムを丁寧に管理し、上手に運用する習慣をつけることが大切です。システム運用のプロ、目玉おやじの7カ条にシステム思考を使いこなすコツを学びます。
システム思考

5つのライフスキルと幸せの7か条でシステム思考する

知識でわからないことが理解できると、自信になります。ルーティンワークにすることで、なにがどのように変わったのか、なぜそうなったのかをイメージでつかむようにします。非科学的に、イメージでつかめるようになることで、ライフスキルがアップしたように感じます。モチベーションとなって、システム思考が動き出します。
100年ライフ

托鉢に学ぶ。マインドフルネスで知るチーム学習の真髄

大切なのは母の胎内にいるように「あるがまま」であること。一切の評価をしない。「執着しない」のがシステム思考の出発点かつ終着点、円相。執着しないでものごとが達成できるのか?と疑問が湧きます。托鉢で得た米を分別しない(=執着しない)から美味しいご飯が炊けるとしたら、工夫が残ります。工夫こそシステム思考。
100年ライフ

シングルは改善、ダブルは改革、改革を習慣にする3つのステップ

前例が通用するのは改善だからです。改革とは前例が通用しないレベルのこと、改革を習慣にするには、3つのステップだけ。①「目標」を現状の2~10倍に設定する(=前例が通用しないレベル)②「目標」に関するブレインストーミングをチームで行う③1と2で解決しないで障壁に突き当たった場合、対策を講じます。
ゴエス

メンタルモデルは自動思考、しかも間違っている

ダブルループ学習、トリプルループ学習を行う人は、「前提」を疑っています。自分の思考としっくりこない点に注目します。 「自分は間違っていないか?」「なにか見落としていないか?」・・・・こうして間違い探しを繰り返します。
タイトルとURLをコピーしました