働くひと改革

ひとり会社

人のあり方を収めるニューノーマル10のデジタルインフラ

ウイルス、災害、テロ、なにが人権を圧迫するのか、予測できない事態の免疫としてデジタルインフラはニューノーマルの基礎になります。人権を守る、豊かなにアサーティブに生きるために足りないことも、余ることもなく、すべて満たされて完結しているデジタルインフラと小さな会社のささやかなイノベーションが期待されます。
ひとり会社

イノベーションを起こすたったひとつの秘訣

イノベーションを起こす秘訣は、自分が自分の人生の主になること。「随所に主たれ」とは、臨済宗の開祖である臨済義玄禅師が修行者に諭された言葉です。「そのぶっ飛んだアイデアを実用化するのに何が必要なんだ?」と聞かれたら「自分の真実しかありません。」と答える以外にありません。体裁を繕うことはできないのです。
SOHO

ひとり会社は家族の宝島、整理・整頓・清掃・清潔・習慣化で整える。

忙しい日々で乱れた心をゴエス(整理・整頓・清掃・清潔・習慣化)で整えて、脳をクリアにして、あるがままの自分を取り戻す場所です。マインドフルネス瞑想はフロー状態にするのにうってつけ。でもマインドフルネス瞑想をするからフローできたのではなく、フローの有意義さを深く理解している点です。仕事場を深く生きる場所する方法について。
ホームオフィス

健全な「ひとり会社」の作り方!優秀な自分の採用から。

仕事のゴエス(5S)は、整理・整頓・清掃・清潔・習慣です。 お釈迦様はお釈迦様は因果応報という教えで「原因=結果」を重視されました。 因果とは、「原因=結果」の連鎖です。連鎖するほど、いちばん根幹にある原因が複雑になり、...
ホームオフィス

100年時代を生き抜く「ひとり会社」の働き方改革「公私混同をしない」6つの鉄則

Photo by Bethany Legg on Unsplash 100年時代はライフシフトを余儀なくされます。 雇用されない生き方を選ぶと、そのプロセスで自分をブランド化することは必至の期間になります。 「ひとり会社(個人...
コアバリュー

成果に大きな違いが出る一志不退のコアバリューと14のリーダーシップ

業種は同じでも、その成果に大きな違いが出るのはなぜでしょう? 日々の仕事の仕方に違いがあるからです。 でも、それがなかなか分からないですね。 話を聞いても解らないのは、思考回路の違いがあるからです。 思考回路...
ホームオフィス

100年時代の個人事業主の育て方と2つの進み方

人生100年時代というと「終活」と間違われやすいですが、どちらかというと現在20歳代~30歳代の方が中心と言ってよいでしょう。 これからの働き方、暮らし方はいままで経験したことのない世界が待ち受けています。 ここでは...
働くひと改革

人生100年時代の働きがいのある職場

「会社は右肩上がり」が当り前の発想.。いまもその傾向は変わらず。 「右肩上がり」の試合は終わっていると認識している会社が、どれほどあるでしょうか? 認識せざるを得ないけど、どうしていいのか、解らないから、形は継続している...
働くひと改革

擔枷帯鎖〜100年時代をライフシフトする簡単な真実!ティッピング・ポイント

人生100年時代。「学び直し」は大きな意味をもちますが、簡単ではありません。 ライフシフトすることは時間との戦い、自分との戦いの人生100年です。 多くの人は、ありとあらゆる煩悩や妄想。 それに伴う不安...
働くひと改革

下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する・・・

現代のリーダーは「部下を起業させるように、部下のスキルアップ」を育む必要があります。 目標は40才までに独立させる。その必要なスキルは教える。退社後もサポート体制をとる。 有償。無償を問わず、その仕組みを作る。 それに...
タイトルとURLをコピーしました