触発

禅とマネジメント

「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」足元を見たら世界が変わる

「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」・・・・あまり馴染みのない言葉ですが、勇気がもらえる素敵な言葉です。
リーダーシップ

【会社を潰さないリーダーの仕事】②目的を達成すると、どうなるかを全員に認識させること。

触発が、触発になるには、「目的」を理解し「できる」可能性を少しでも高くすることです。触発を試みても目的が分からず達成の可能性が低いとモチベーションにはなりません。しかし簡単であれば、わざわざ触発する必要もありません。点と点を結んで「分かち合う」よろこびにリードするのが、リーダーシップであり、リーダーシップは「育成(トレーニング)」という裏付けがあってシップになりま
リーダーシップ

【会社を潰さないリーダーの仕事】①明確な目的を持ち、チーム全員に行く方向(目標)を鮮明に示す

会社を潰さないリーダーの仕事には、共通点があります。 みんなで取り組んでいることです。 みんなで取り組むように、リードしています。 リードするからリーダーです。 話をしてから仕事は動きまします。 しかし、実際には動きま...
コアバリュー

片づけからはじまる強みの発見

「やってみようじゃないか」 「やってみようじゃないか」と声をかけるとしたら、 あなたの思いのなかに「ハッパをかける」という思いが湧いてきませんか? その思い、間違っていませんか? 人に思いやりをかけるとき、 ...
マイルストーン

触発の仕方に「習慣の手順」を活用する

部下を触発してやる気にさせたいけど、どうして良いか、いまひとつ分からない。 ・・・・そんな悩みはありませんか?「いやなのに、工場へ行って働くから、お給金がもらえるんだ」これは真理のように聞こえますが、いい加減さにユーモアをふりかけた教育論です。でも、現実にはもっとユーモアがあります。報酬は、どんな形をしていても、よろこび、楽しみがあります。それを発見するのもリーダーの楽しみ。
マイルストーン

タイミングよくゲームのように楽しく触発する

人はひとりひとり意見を持っています。 それを肯定してもらうことが、働きがいの源泉ではないでしょうか? その最初のステップが「触発する」です。 リーダーは経営陣の堅苦しいメッセージではなく、親近感のあるメッセージをプロセ...
マイルストーン

さあ、出口のある仕事をしよう!

お客様や新入社員を歓迎して、触発するには、まずリーダー自身が自分を触発するようなことをすることです。自分が腐っていくような出口のない仕事をしているわけにはいきません。人は、みんな、心が動かないと動きません。どんな「感情」で動かすかは、自分にしか決められません。さあ、仕事をしょう!
リーダーシップ

偶然の運を作り出す資質

前回は、スタンフォード大学 ジョン・D・クランボルツ教授のキャリアプランに役立つ「計画された偶発性理論」から成功者に見られる共通した「行動指針」のお話をしました。 ジョン・D・クランボルツ教授の著書を読んでエネルギーをもらった...
リーダーシップ

部下に対する「指示」と「配慮」のバランスが、個人面談で爆発する

目標を達成するために、リーダーの仕事、つまりリーダーは部下を使って仕事を進めます。 その際、個人個人、部下の能力が違うので、どの部下にどれくらい「具体的な指示」や「人間的な配慮」をするのか、自律したチームづくりの上で配...
コアバリュー

リーダーの仕事

リーダーの主な仕事は「業務管理(仕事そのものの管理)」と「マンパワーの管理(人のマネジメント)」に分類されます。 両輪と呼べる「業務管理(仕事そのものの管理)」と「マンパワーの管理(人のマネジメント)」の2つを部下を使ってPD...
タイトルとURLをコピーしました