哲学する会社

コアバリュー

ノーベル化学賞候補と禅が教える「日本人は論理的でなくていい」

随所に主となれは臨済宗の開祖が修行者に対して諭された言葉。スティーブ・ジョブズの自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。に通じます。決して論理ではないけれど、それ以上の説得力を持って、すでに真実に気づいていることを発見しなさいと訴えます。すでに知っていることをまだ言葉で考えますかと問いかけます。
仕事する哲学

哲学する会社、7つのポイントをルーティンワークにする。

哲学する会社は、「問い」、「論理」、「理由」から問題解決を図ろうとします。『「問い」は無料でできる』ことはありません。勉強が必要です、勉強には時間もコストもかかります。哲学する会社は、哲学することをルーティンワークにすることで、哲学するほど時間もコストも下がります。これが競争力になります。
ひとり会社

12の縦割り脳をシステム思考で突破する

菅内閣から「自助・共助・公助・絆の国づくり」という方針が打ち出されました。しかし巷には助けを求められない人が困っています。自分なんか価値はないという思いが強いほど、自分にも、人に助けを求めることができません。求めて断られたときの挫折感は、チャレンジして失敗するのと意味が違います。システム思考には縦割り脳で傷ついた心から救い出す力があります。
リーダーシップ

競争優位な体質を作る「共有ビジョン」

人はどうして知り得たのか、社会生活を営める程度に、ほとんどのことを知っています。 その知識は必ずしも正しいとは言い難いが、それでも暮らしていけます。 どのようにして学んだのでしょう?親が教えたから?先生から学んだから? 幼児に学び方を...
リーダーシップ

競争優位は自己マスタリー(5つの要因)で体質になる

レジ袋をエコバックに替える、ビニールのストローを紙ストローに替えて提供する・・・やっていることは同じでも、その裏側にある学習力で、圧倒的な競争優位力は磨かれます。それは将来像をどう描き、現状認識とギャップを知ることにかかっています。ギャップを埋める道筋を発見するのも自己マスタリー次第です。
ひとり会社

「コロナで店が潰れそう」という悩みを解決する

コロナで曝け出した、脆弱なインフラ。企業の仕組み。これを取り戻すには。会社が発展することです。発展するためには、生産性を大幅にアップしなければなりません。つまり改革です。そのキーワードが全身の細胞を人の役にたたせるために使うことです。改革ポイントはたくさんあります。
ひとり会社

人のあり方を収めるニューノーマル10のデジタルインフラ

ウイルス、災害、テロ、なにが人権を圧迫するのか、予測できない事態の免疫としてデジタルインフラはニューノーマルの基礎になります。人権を守る、豊かなにアサーティブに生きるために足りないことも、余ることもなく、すべて満たされて完結しているデジタルインフラと小さな会社のささやかなイノベーションが期待されます。
ひとり会社

イノベーションを起こすたったひとつの秘訣

イノベーションを起こす秘訣は、自分が自分の人生の主になること。「随所に主たれ」とは、臨済宗の開祖である臨済義玄禅師が修行者に諭された言葉です。「そのぶっ飛んだアイデアを実用化するのに何が必要なんだ?」と聞かれたら「自分の真実しかありません。」と答える以外にありません。体裁を繕うことはできないのです。
SOHO

ひとり会社は家族の宝島、整理・整頓・清掃・清潔・習慣化で整える。

忙しい日々で乱れた心をゴエス(整理・整頓・清掃・清潔・習慣化)で整えて、脳をクリアにして、あるがままの自分を取り戻す場所です。マインドフルネス瞑想はフロー状態にするのにうってつけ。でもマインドフルネス瞑想をするからフローできたのではなく、フローの有意義さを深く理解している点です。仕事場を深く生きる場所する方法について。
①採用

健全な「ひとり会社」の作り方!優秀な自分の採用から。

仕事のゴエス(5S)は、整理・整頓・清掃・清潔・習慣です。 お釈迦様はお釈迦様は因果応報という教えで「原因=結果」を重視されました。 因果とは、「原因=結果」の連鎖です。連鎖するほど、いちばん根幹にある原因が複雑になり、...
タイトルとURLをコピーしました