個人事業主(ひとり会社)期間一覧

100年時代を生き抜く「ひとり会社」の働き方改革「公私混同をしない」6つの鉄則

100年時代はライフシフトを余儀なくされます。雇用されない生き方を選ぶと、そのプロセスで自分をブランド化することは必至の期間になります。「ひとり会社(個人事業主)」が働き方改革する上で気をつけることは、ブランド化するためにも、会社に「投資」した範囲で事業展開することです。

成果に大きな違いが出る一志不退のコアバリューと14のリーダーシップ

成果に大きな違いが出る違いは、たったひとつのコアバリューに違いがあります。たったひとつのコアバリューに違いがあれば、14のリーダーシップにも違いが出ます。14のリーダーシップの違いを見ながら、これだけ違えば、成果に違いが出るのは当然。その違いは次のステージの違いになります。ライフシフトしていくのは、雪だるまのように転がり続けるようなもの。たったひとつのコアバリューが、とてつもなく大きな違いが成果になります。