ライフシフト一覧

健全な「ひとり会社」の作り方!優秀な自分の採用から。

仕事のゴエス(5S)は、整理・整頓・清掃・清潔・習慣です。お釈迦様は因果応報という教えで「原因=結果」を重視されました。因果とは、「原因=結果」の連鎖です。連鎖するほど、いちばん根幹にある原因が複雑になり、簡単だったことが複雑に絡まり、判らなくなります。ゴエス(5S)は、これを正すもので、健全な「ひとり会社」の作り方からはじめましょう!

100年時代を生き抜く「ひとり会社」の働き方改革「公私混同をしない」6つの鉄則

100年時代はライフシフトを余儀なくされます。雇用されない生き方を選ぶと、そのプロセスで自分をブランド化することは必至の期間になります。「ひとり会社(個人事業主)」が働き方改革する上で気をつけることは、ブランド化するためにも、会社に「投資」した範囲で事業展開することです。

成果に大きな違いが出る一志不退のコアバリューと14のリーダーシップ

成果に大きな違いが出る違いは、たったひとつのコアバリューに違いがあります。たったひとつのコアバリューに違いがあれば、14のリーダーシップにも違いが出ます。14のリーダーシップの違いを見ながら、これだけ違えば、成果に違いが出るのは当然。その違いは次のステージの違いになります。ライフシフトしていくのは、雪だるまのように転がり続けるようなもの。たったひとつのコアバリューが、とてつもなく大きな違いが成果になります。

100年時代の個人事業主の育て方と2つの進み方

100年時代の経営者・リーダーは業務の標準化と従業員の独立がメインテーマになります。経営者には自分しかできない仕事をしてもらいます。リーダーには業務の標準化、画一化をする。リーダーは従業員対策として独立させ、個人事業主に育てる。なにをロボット、AI化するのか決定していく。従業員には個人事業主として、どんな価値観で運営するか育むなどを教育、相互依存関係を構築します。

擔枷帯鎖〜100年時代をライフシフトする簡単な真実!ティッピング・ポイント

擔枷帯鎖・・・・たんかたいさと読みます。枷や鎖によって、がんじがらめになってしまった様子を表す禅語。起業して3年以内にクローズする会社が圧倒的に多い事実をどう考えますか?どんなビジネスでもそうですが、たとえば10を100にする事は簡単ではありません。しかし、0を1にする方にする方が10を100にするより難しいのです。それがどんなビジネスにも共通する障壁です。その障壁を打ち破るのが「ティッピング・ポイント」です。

下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する・・・

下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する・・・「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。人生100年時代では個人差が激しく天と地の差がでます。部下のひとり、ひとりがブランドになるように励まし育てるのがリーダーの責務です。