仕事する哲学

仕事する哲学

哲学する会社、7つのポイントをルーティンワークにする。

哲学する会社は、「問い」、「論理」、「理由」から問題解決を図ろうとします。『「問い」は無料でできる』ことはありません。勉強が必要です、勉強には時間もコストもかかります。哲学する会社は、哲学することをルーティンワークにすることで、哲学するほど時間もコストも下がります。これが競争力になります。
ホームオフィス

システム思考と4つの無形資産でお金を増やす5つのステップ

100年ライフは自分を自由にアートできる時代。ただし100年生きるにはお金がかかります。そんなに生きなくて良いと思っても生きてしまうことになるのが、100年ライフです。仕方ないのなら、自分を自由にアートすることを前提にやり抜くことを前提とした生き方の準備をする、それがゲンキポリタンの「ジョ部」。
システム思考

5つのライフスキルと幸せの7か条でシステム思考する

知識でわからないことが理解できると、自信になります。ルーティンワークにすることで、なにがどのように変わったのか、なぜそうなったのかをイメージでつかむようにします。非科学的に、イメージでつかめるようになることで、ライフスキルがアップしたように感じます。モチベーションとなって、システム思考が動き出します。
ひとり会社

人のあり方を収めるニューノーマル10のデジタルインフラ

ウイルス、災害、テロ、なにが人権を圧迫するのか、予測できない事態の免疫としてデジタルインフラはニューノーマルの基礎になります。人権を守る、豊かなにアサーティブに生きるために足りないことも、余ることもなく、すべて満たされて完結しているデジタルインフラと小さな会社のささやかなイノベーションが期待されます。
SOHO

ニューノーマルな仕事術はアートのように美しい

ニューノーマルから生きがい、やりがいを見出すことは、パラダイムシフトを自ら積極的に受けいれて開拓者のように前進するなかで発見できます。 「こうあるべき」の思い込みは、「認知の歪み」としてサラッと流してしまいましょう。 “Fe...
④育てる

⑥目標に圧し潰されないようにマイルストーンがあること。

誰でも大きな目標を与えられると不安になり、逃げ出したくなります。大きな目標はマイルストーンを一週間単位で設定し、さらに一日単位でも設定します。時間こそ生産性のコアです。時間単位で差が出るのは主体性が自分にあるか、販売する商品にあるかの違いです。マイルストーンは石ではなくハートにしてみませんか。
ひとり会社

心幹とマインドフルネスで完璧主義「二分化的思考」を駆逐する

「完璧主義」「二分化思考」は人を幸せにしません。頑張って起業した個人事業主やひとり会社であっても、望む結果に辿り着くことを難しくします。自己否定感を自己肯定感に塗り替えたいと強く願うほど、「二分化思考」「完璧主義」を強めて、認知(=事実の解釈)の歪めてしまいます。マインドフルネスな心幹トレーニングは人生を変えます。
アサーティブ

一志不退/私たちが必ず幸福になる働き方

禅に「一志不退」という言葉があります。「いっしふたい」 ・・・・志を立てたら引かないことです。 文字通りの解釈です。 「一志不退」が出来るようになるには、どのような人が、どのようなチームが実践できるのかイメージして...
アサーティブ

マインドフルネスで自己否定を超える

マインドフルネスはキラーストレス低減方法として紹介されました。 キラーストレスとは、死に至るストレスです。 これにはストレスホルモン、コルチゾールが大きく関与しています。 では、マインドフルネスになにができるのか見てい...
コアバリュー

自律型マネジメントへ転換する4つの準備

▶︎ 自律型マネジメントへの転換方法 自律型マネジメントを導入したいと思っていても具体的にどこからどうはじめていいのか、糸口がつかめず、お悩みではありませんか? ここでは、転換するための準備をお話ししていき...
タイトルとURLをコピーしました