自律型マネジメント一覧

100年時代の個人事業主の育て方と2つの進み方

100年時代の経営者・リーダーは業務の標準化と従業員の独立がメインテーマになります。経営者には自分しかできない仕事をしてもらいます。リーダーには業務の標準化、画一化をする。リーダーは従業員対策として独立させ、個人事業主に育てる。なにをロボット、AI化するのか決定していく。従業員には個人事業主として、どんな価値観で運営するか育むなどを教育、相互依存関係を構築します。

「社員は40歳までに独立・起業させる」を目標にする

「組織のミッション」と「個人のミッション」を一致させ、ライフプランを設計。ライフプランの成功を支援する会社風土を育んでいく。。。。その具体的な目標が「社員は40歳までに独立・起業させる」ことです。自分の人生で達成したことを、会社で実現していく。 会社とは社員の夢を実現する場所にする。それを自然なことと思える経営者、ステークホルダーのコミュニティにする。

価値観の共有に欠かせないストーリーテリング、センスメイキング

価値観に共感して、さらに共有するには、センスメイキングは欠かせません。そこにはストーリーテリングが必然です。さらにストーリーテリングの起承転結を具体的な実行・結果で実証してみせるとセンスメイキングはスムーズに展開できるようになります。

自律型マネジメントへ転換する4つの準備

自律型マネジメントへの転換する4つの準備が必要です。①マニュアルのない仕事の仕方、②当人の能力に関係なく、新しい価値観、働きがいが一般化している事実、③決まった基準がなく、暖昧化する一方の社会、④曖昧さに迅速な対応が求められている・・・これらに対応する準備の心構えとは。

自律型マネジメントへの転換方法

自律型マネジメントを生み出す価値観&クレド。価値観をどのようにして全社に落としこむか。その役割を担うのはクレド。しかしトップダウンでクレドは浸透するかというと答えはNO。自律型マネジメントへ突き進む、ストーリーのプロローグを公開します。