ひとり会社

ひとり会社

「コロナで店が潰れそう」という悩みを解決する

コロナで曝け出した、脆弱なインフラ。企業の仕組み。これを取り戻すには。会社が発展することです。発展するためには、生産性を大幅にアップしなければなりません。つまり改革です。そのキーワードが全身の細胞を人の役にたたせるために使うことです。改革ポイントはたくさんあります。
ひとり会社

リモートワーカーの暮らしに役立つシンプルな15の重要なこと

ダラダラした暮らしと一線を画すために、人生をルーチン化すること。周活(一日)、週活(週間)、終活(生涯)、ニューノーマルの基本は一日のルーチンです。自分が自分であるために、規範(=ルール)を大切にする。つまり自律とは、100年時代を生きる自分の存在証明に他なりません。
ひとり会社

リモートワーカー食べ物5つの約束と20の画像

ニューノーマルを具体的にいえば「制限する」ことに尽きます。モノを含めて必要のない情報を制限することが快適な暮らしの基本になります。長い100年ライフを楽しくするには、無駄を制限してライフプランをしっかり策定、実践する時間を有効的に使いましよう。
ひとり会社

ひとり会社が、今年を最良の年にするために、今日選ぶ5つのこと

人生を豊かにするために重要なこと(=シンプル)を選びましょう たった5つです。 ①この一年で結果を出したいこと選ぶ ②本質を選ぶ ③今日できる本質的なことを選ぶ ④キャリアに有効なことを選ぶ ⑤長期にインパクトのあることを選ぶ
ひとり会社

ひとり会社のニューノーマルな10の重要キーワード

ニューノーマルの実践が求められる時代に、自律性を生かして、ビジネスの知恵(智慧)を発揮するひとり会社のニューノーマルをご紹介します。全部で10項目、どれも成功のキーワードとなる重要な基本です。
ひとり会社

人のあり方を収めるニューノーマル10のデジタルインフラ

ウイルス、災害、テロ、なにが人権を圧迫するのか、予測できない事態の免疫としてデジタルインフラはニューノーマルの基礎になります。人権を守る、豊かなにアサーティブに生きるために足りないことも、余ることもなく、すべて満たされて完結しているデジタルインフラと小さな会社のささやかなイノベーションが期待されます。
SOHO

ニューノーマルな仕事術はアートのように美しい

ニューノーマルから生きがい、やりがいを見出すことは、パラダイムシフトを自ら積極的に受けいれて開拓者のように前進するなかで発見できます。 「こうあるべき」の思い込みは、「認知の歪み」としてサラッと流してしまいましょう。 “Fe...
ひとり会社

本当にこれ必要?パンデミック後のひとり会社、10のメソッド。

パンデミックから学んだことは数知れず。パンデミック後の世界では、なにが大事なのか。すでに起こっている現象を観察すれば答えは明白。ひとことで言えば利益よりも価値観です。会社を大きくするのは大切ですか?大きなオフィスは必要ですか?顧客の満足を充足する要素はなに?ひとり会社、10のメソッドでご紹介します。
④育てる

【会社を潰さないリーダーの仕事】⑧常に最悪を予測して準備する。

リーダーには2種類います。状態にこだわる人と方向性にこだわる人。幸せにも2種類にあります。一時的な幸せ、永続的な幸せ。人は認識しやすい一時的な幸せを求める傾向が強いようです。だから状態にこだわるリーダーの方が受けが良いようです。誤解が準備に誠実な人、誠実でない人の違いの原因になっているのではないでしょうか?
ひとり会社

イノベーションを起こす8つの条件

世界は先に進むしかないので、イノベーションを待っています。変化を起こそうと考えるのではなく、ひたすら集中しましょう。家族の一員になるように、重要なことの一部になりましょう。8つの条件を習慣にしましょう。 自分の思考に使われず、自分が思考を使いましょう。自動思考にならないように点検を日常化しましょう。
タイトルとURLをコピーしました